Introduction

少年は憧れた。
心をつかんで離さない弦音〈ツルネ〉に。

青年は憎んだ。
誰よりも尊敬していたあの人を。

―あの日、音は聞こえなくなってしまった。
―あの人は、何も言わずに去ってしまった。

挫折と憎しみ。
痛みを抱えた少年と青年は、弦音に導かれ出会う。

何度苦しむことになっても。どんなに拒まれても。
彼らは弓を取り、矢をつがえる。

<ツルネ>
―――それは、矢が放たれた時に響く
“はじまり”の音。

Movie

特報第2弾

特報